発達支援事業所あった​係長 - 児童指導員

​眞室 栄子

-入社までの経緯を教えてください

以前は児童デイサービス、

放課後等デイサービスで約3年間働いていました。

転職のきっかけは、前の会社で人間関係などすこし悩んでいて、

また、働いていた当初から

いずれ違う施設に行きたいという思いがあったためです。

-入社を決意した「決め手」はなんでしたか?

退職をして、児童デイサービスを探しており、

求人誌に載っていたのでここへ志願しました。

最初は、社長に面接してもらい、1週間後専務に面接してもらいました。

児童デイサービスを新規で開設するにあたり、

「力を貸してほしい」とおっしゃっていただいたのが入社の決め手です。

-現場に入って戸惑ったことや失敗したこと、大変だったことはありますか?

入社当初はまだ児童デイサービスが開設前だったため、

高齢者のデイサービスで仕事をしておりました。

小さいときから祖父母がいない環境だったため、高齢者との関わり方が

わからず、何を話していいのか、どういう話題をふっていいかなど悩みました。

入浴介助の時も、細かいお湯の温度や、洗い方、

洗いながら話すことも大変だったと思います。

その頃は、上司やまわりの職員に教えてもらい、フォローしていただきました。

あと、コミュニケーションをとるのがうまい職員がいて、その方をすごく観察していましたね。

その職員の話し方や接し方をうまく盗んで、自分に取り入れて学びました。

-どのような同僚、部下が多いですか?

みんな元気で明るく、活気ある現場だと思います。

あと、児童デイサービスでは子供相手のお仕事なので、

若さ(体力)は重要ですよね。

あとこちらからもそうですが、お互いにコミュニケーションを積極に

取っている現場だと感じます。

声をはらないと、周りの声に消されるくらい(笑)みんな元気ですね。

-部下育成についてどうお考えですか?また、部下育成に際して喜びと苦労を教えてください。

児童デイサービスの子供たちに対する、

接し方はその場面ごとで違いが多くあります。

その接し方について職員に教えるというのは、

とても難しいと感じています。

たとえば、高齢者対象の入浴介助だと、技術的な部分を説明しながら

指導することはできますが、子供相手の接し方について正解ってないんですよね。

なのでまずは、職員が考え感じたこと、

思ったとおりの関わりをしてほしいと思います。

 

あと、新しい職員が入ってくると、警戒する子供が多いです。

そのため警戒している子供たちにどう接したらいいかと、

職員が悩むことがあります。

そういうときは、こちらから

「もう少しこういうふうに関わってみようか」とアドバイスしていくことで、

徐々に子供と打ち解けていくのを見るとこっちもうれしいし、

もっと頑張ってほしいなと思いますね。

-部下と接する上で意識していることは何ですか?

入社からさんざん周りに言われたことなんですけど、

黙っていると怖がられてるので(笑)明るい表情を意識しています。

ご利用者様と接するうえで意識していることは何ですか

児童デイサービスの方針として、

「働くお母さんを応援する」というのがあります。

例えば保護者の方から「もう少し遅くまで預かってほしい」などの

ご要望があったときに、出来ることは方針に従って取り組んでいきたいと思っています。

どうしてもできないこともありますが、

最初から断るのではなく、スタッフで話し合い、

考慮できるかどうかなど、そういう意識を持って働いています。

どんなときも柔軟に対応できるようにしていますね。

仕事で嬉しかったことは何ですか?

久々に子供たちの送迎にいったとき、保護者の方から

「先生に久々に会えてうれしい」とか「元気そうだね」とか

「ここに通ってから、今までできなかったことができるようになって、

通わせてよかった」と言われたときは本当に嬉しかったです。

あと、私が外勤に出ていたり、お休みを頂いたときに、

出社すると子供たちから「おかえり」と走って出迎えてくれる瞬間は幸せです。

職場というより、お家みたいな感覚が、嬉しいです。

働き始めて、私生活にも変化がありましたか?

以前の職場からではありますが、子供対象のテレビを見るようになりました。

女の子より男の子の戦隊ものだったり、主題歌などを覚えるために見ます。

あとは、買い物にいったときに、

「こういうものがあったら、子供たち嬉しいだろうな」とか

自然に思うことがありますね。

-休日はどんな風に過ごしていますか?趣味や特技など。

買い物に行ったり、友達と遊びにいったりです。

あと、友達と遊ぶ時に友達の子供と遊ぶのがおおくなりました。

大人と子供が集まっている時、

大人側で会話しているのに、子供側にいってみたいな感じになりますね。

また、大人側に入って話していても

子供たちが呼びきちゃったり(笑)

それはそれで楽しいですけどね。

趣味がないのですが、

いつかスキューバダイビングはやってみたいと思っています。

目標や将来の夢などはありますか?

ここにいらっしゃるご利用者様は、私の親の年齢と

同世代で、うちの親は元気なのですが、いつか

親孝行ができればと思うことがあります。

実家からでて、親と長く離れてくらしているのですが、

親と一緒にいるより、ご利用者様との時間の方が長いと思うんです。

実際に、実家にあまりかえってない状況もあるので、

自分の両親を大事にしてあげたいなとおもいます。

-株式会社仁のここがいい!というところはありますか?

社長も専務、課長もふくめて、

いろんな話を職員同士きいてくれる環境があります。

誰に相談しても、「ちょっとあとにしてくれる?」とか

後回しにされることがほぼないです。

私も、まだまだ覚えなきゃいけないこともたくさんあるので、

そういったときにすぐに助けてくれる上司がたくさんいます。

みんな仲間意識が強い会社だと思っています。

-これから入ってくる仲間にひとこと

アットホームで楽しい職場です。

楽しんだり、笑う時はみんな一緒に。

苦しい、悩むのも助け合い。

あと、児童デイサービスにきたら子供たちからも、たくさん元気をもらえます。

上司部下と立場はありますが、一緒に考えて乗り越えられる、

楽しい職場なのでぜひ来てください。

:​011-252-7101

:​011-252-7102

Copyright © 2017 株式会社 仁 All Rights Reserved.